京都府電気工事工業組合は、「中小企業団体の組織に関する法律」に基き1965年に設立された団体で、京都府と福井県の一部(嶺南地方)で唯一の電気工事工業組合です。
組合に加入すると、全日電工連の認定損害保険制度、労働保険事務組合の労災保険、建設業職別国民健康保険組合等の各種制度、保険に加入できます。
電気工事業の登録、変更、建設業の許可等の申請手続き支援により、組合員の事務の負担軽減を行っています。
毎月発行の京電工報、全日新聞により、業界の最新情報や法令改正をお届けいたします。
併設の京都電気技術専門学院で第二種電気工事士免状を国家試験免除で取得できます。

京都府電気工事工業組合について

 京都府電気工事工業組合は、「中小企業団体の組織に関する法律」に基き設立された団体で、電気工事業者の経営の改善と発展を図り、併せて組合員の家族,従業員の福祉向上のための各種の事業を行っています。 工業組合は、業界全体のレベル・アップと繁栄を目的とする団体で、同上法律に基づき、全日本電気工事業工業組合連合会の一員として全国的に組織 された、各都道府県にひとつしかない組合です。
 事業では「高齢者宅配線診断」を実施し、地域社会に貢献しています。 また「でんき工事ホームセンター」を各地に配置し、お近くの電気工事店をご存じないお客様に電気配線の取り付け修理などを行う信頼のおける工事店を紹介するなど電気安全、利便性の向上に努めています。
 私たち京都府電気工事工業組合はみなさま一人ひとりに向き合い、つねに求められるよきパートナーとして地域や社会に貢献してまいります。このホームページから「業務に関すること」や「知りたい情報」など、みなさまのお役に立てるタイムリーな情報をお届けします。